上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘッドホンのMDR-CD900STが片耳聞こえなくなったんですよー

新しいのを買ったんですよー

壊れたのがもったいないので直すついでにバランス化したんですよー



お金を使わない方法を選択。
... 続きを読む
スポンサーサイト
手に入れてしまったんだ。
P1000036.jpg
ボディ : バスウッド
指板 : ローズウッド
ピックアップ:Duncan designed LS101N/CR、SH103B
スケール:24 3/4"

Daisy Rock Star Artistなギターなわけで、
Girl Guitarsなわけで、
手の小さな私にも弾きやす・・・いわけでもないわけで。

「を ぱい」で使して、役目も終わった(?)ということで生まれ変わらせましょう!
一応メインということになっているギターさん。
なかなかハードなルックスにPOPな色なことで。

中央にはSeymour DuncanのAPS-1が装着されているわけだが、ダミーなのである!
トグルスイッチが3wayなのでフロントとリアだけしか使っていないのですね。
フロントについてるのナンダヨ!とか そのスイッチなんだよ!という質問はヨシ子さん。

ということでせっかくピックアップ3つあるんだから、
穴を開けずに5way化するために考え出した答え…それはロータリースイッチ化!

変更する前にダミーになっていたAPS-1を出力してみたところ、
フロントやリアとの音量差が気になり、
ピックアップを上げようとしたところ、
ちょっと特殊なザグリがひっかかっていまいちだったので、
この際変えてしまえーとSTK-S4nに変えました。
これはその記録。
2010.02.10 裏メイン機
DSC00003222.jpg
BODY:Alder
NECK:Maple
FINGERBOARD :Rosewood
JOINT : Bolt-on
PICKUPS:(Front)Seymour Duncan SSL-6
      :(Rear) Seymour Duncan TB-14
CONTROLS:Master Volume, Mini Toggle PU selector
FINISH : Japanese Lacquer & work “MAKIE”

基本的に弾かない。
傷ついたら面倒なので…

ESPの2ハム仕様HORIZONに蒔絵しちゃいます(依頼)。
説明少な目!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。