上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PC
あらすじ

前PC「強力ファン2基内臓型」で静音化に目覚めた私は
まぁ無理だろうと思って安めに入札していたオークションで
PCケース「CSMOS」を入手してしまうのであった・・・
ど--ん
DSC00080.jpg
でかい。。でかいです。。。
箱の3辺足して166cmだったかな。
そして重い。

この小宇宙s、電源吸気部のフィルタが欠品だったため、
12cmファンカバーと1mmの板×2で2mmにして自作した。
DSC00061.jpg

DSC00060.jpg
装着!!
DSC00062.jpgわれながらすばらしいでき。

さて、この小宇宙s、片面の防音材がなかった。
DSC00066.jpg
もともとエプトシーラーとレジェトレックスで防音制振する予定だったので許そう。

黒がエプトシーラー10mm厚。銀が1.5mm厚レジェトレックス。
DSC00064.jpg

扉が閉まるように貼るとこうなる。
DSC00067.jpg

天井に乗っかってるやつの裏にも貼っとこう。
DSC00072.jpg

続いてレジェトレックスもはりまくる。

マザー裏
DSC00065.jpg

DSC00068.jpgねじ穴は避けてみた。5インチ横にも少々。

天井
DSC00069.jpg

背面
DSC00074.jpg

内部底面とHDDのさらにフロント部分にも
DSC00070.jpg

DSC00071.jpg

この小宇宙s、HDDの冷却が弱いらしい。
エアフローを考えるとまあね。
要は全ての風がHDDを冷やすように通ってこればいいわけです。
まずフロントの5インチメッシュを全て普通の板にして、
フィルタ自作のところでも使った板で要らないところを塞ぐ!

底面のブランケットとか。
DSC00073.jpg

最終的には天井2基のファン部分も塞いだ。
冷却と静音のバランスを考えると、CPUクーラーファン+リアファンがよいようなのだ。

組み込んだ。
DSC00075.jpg
ファンは12cm38mm厚PWMと12cm25mm厚の2つ(+電源+グラボ)ってかんじ。
CPU3.4GにOCしてるんだけど、ファンは2つともマザーの方の制御で750~1100rpmの範囲で回ってた。
それでも内部が広いので冷却も十分ということか。


あまったエプトシーラーは天井にのっけてるだけ・・・
DSC00076.jpg


感想
かなり静かにはなりました。
しかし、
まだうるさい!!
一番の原因は電源!!
HDDも鳴ってますYO!!
DSC00077.jpg


そしてPCは更なる次元へと変化するのであった。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://borealis.blog55.fc2.com/tb.php/12-4f3e4fd9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。