上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PC
前作、小宇宙sで静音化に目覚めた私は
ついに禁断の聖域(サンクチュアリ)、ファンレス電源へと手を出すのであった・・・

画像いぱーい。
これが今回使用する電源、SST-ST45NF だ!
DSC00100.jpgファンレス。おにゅー。
この電源、写真のとおり450W。
我輩のPCはASUSによると500Wの電源が必要なのだ。
といっても安全圏が、の話で実際はそんなに要らないと思う。
しかしCPUをオーバークロックして、さらにグラボもGV-NX96T512HPでオーバークロックモデル!
オーバークロックすると電力をさらに消費するらしい。あくまで ら し い。
でもって電源の発熱を抑えるために私が用意した策・・・

電源を2個使う。

もう一個の電源がこれPLS180
DSC00102.jpg
アダプター式でファンレス。
こいつにドライブ類を任せる作戦。

電源を2個連動させるためにつかうのがこれ
DSC00101.jpg
SPW-PSW24であーる。いがいとちゃちい作り。長いケーブル・・・

さて、静音化にはファンの回転数を落とす必要がある。
回転数を落とすと冷却能力が落ちる。
よしCPUクーラーを強化しよう。
うんこれだね。
DSC00099.jpgマザークラッシャーの名を持つOROCHI。別名ワロチである。

INFINITYと比べてみた。
DSC00103.jpg見た目でさらに2度冷えそうだ。

このワロチ、説明書通りつけると泣く。てか泣いた。
マザーの裏に板をつけるわけだが、ネジ締め切るとワロチをとりつけれねぇえええ!!
DSC00104.jpg
てことで最大限まで締めた後なのに最大限まで緩めましたよ。
はい、無駄手間。

で、乗せた感じ
DSC00105.jpg
・・・乗せるとでかいな・・・フム。


さて、今回使うケースは小宇宙sではない。
小宇宙sはお嫁に逝きました。
電源に合うケースはないかと探したところ2つの候補。
ZALMANのGS1000

AntecのP180

GS1000は高いしでかい。
てことで手に入れたのがAntecのP182。もち中古。
ただ同然で手に入れました。
埃&シールだらけ&欠陥ありで掃除とか手間どったどった。

さて取り付けよう。

PLS180は中段(本来3.5インチでHDDを取り付ける場所)に設置。
付属の台を絶縁テープで貼り付けてその上にのせた。
DSC00113.jpg
DSC00114.jpg

HDDは下段。SMART DRIVE2002(通称スマドラ)使用。
中のパットをグレードアップしてある。もち中古。
DSC00128.jpg下段のファンにあたらないようにケーブルの始末をするのが一苦労。
上のSATAケーブルはそのまま上へいけばおk。
下のSATAケーブルはそのまま上に行くと当たったのでちょうどいいところにあった穴に通した。
電源ケーブルは一旦奥(横)側に止めた後上へ行くことで回避。
この電源ケーブル横止めのせいでちょっとドライブが斜めにはいってたりする。問題ない。

こういうのを5インチに設置するよりはおいた方静からしい。あくまで ら し い。
てことで置くように使ったのがこれ
DSC00125.jpg
両方とも100円均一。
ゴム、衝撃吸収、ゴムの順にハンバーガーのように重ねて下に敷くだけ。

前面から撮影
DSC00131.jpg

HDDは3台のせるのでのこる一つはこれ(ヒムロック)を使用
DSC00109.jpg
冷却を重視して5インチに取り付けるので取り付け構造がいいかなっと・・・
DSC00132.jpg


で、第一段階終了?結果的にドライブ4個+カードリーダーでケーブル類がビデブ状態。
DSC00118.jpg
(見えにくいけどワロチのヒートパイプ1本を天井から釣って重量過負荷を下げてます)

最大限の努力はした。一応正面からの風は抜けれるのだ!めっさ3D!!
DSC00120.jpg
続いてファン設置。
トップが25mmの1200rpm
リアが38mmのPWM2000rpm
(実はトップに38mmをつけたかったが2mmほどワロチに干渉した・・・)
PCIスロットの後ろに80mm×25mm、2000rpmを設置。
DSC00122.jpgグラボが1スロットならば92mmつけれたのに・・・。
隙間はレジェトレックスでうめた。
水冷用の穴からPLS180のケーブルを出す。
サイドにワロチ付属の14cm500rpmを設置。
DSC00129.jpg
FST-120を利用した。
通常?の利用だとまたワロチが干渉してつけれなかったのでスロットの上から1,2段目に固定するという逆な使い方。
紙を貼って空気の流れを制限。

中段から撮影。うしろのファンが見える。うむ。おk。
DSC00130.jpg

これに下段12cm厚さ25mm、2000rpmを加えてファン5個。
リア、トップ、PCIをマザーで制御、ほかは定格なのだが、
これで起動させたところ・・・

なんか五月蝿い。

ファンコンで回転数を変えて五月蝿さを結果、
1000rpmを超えたところから五月蝿くなるとは分かっていた。
ケースに入れればそうでもないかなと思ったけれど、
やっぱり

なんっか五月蝿い。

てことでファンコンは加えたくなかったので、これためしてみたけど、
DSC00107.jpg
恐るべしファンレスグラボ。まわらねぇええええ!!

てことで次は回転数を落とす抵抗をためしてみたが、
DSC00108.jpg
回転数落ちても抵抗熱くなって意味ねぇえええ!!!
(2400rpmに使うと回りすらしないし激熱になるし・・・)

てことで禁断の手段。ファン5V化を実行。
といってもピンを入れ替えるだけっと・・・
DSC00123.jpg

これによってアイドリング時
トップ(PWM) 770rpm
リア(マザー制御) 900rpm
PCI(5V化) 850rpm??
サイド(定格) 490rpm
下段(マザー制御) 900rpm
といった感じ。

感想
ちょーーーーーーー静か。
やばい。
やばいよこれ。
PCってこういうものだったのね。
ただ、

ヒムロックうるせぇええええ!!

スマドラが超静かなので余計に・・・
基本的にはデータHDDで動かすことがすくないのでいいんだけどね。
DSC00126.jpg


アダプターは横に鎮座。
DSC00127.jpg

たぶんこの構成1年は変わらないな。
(ちなみにケーブル類の取り付け時、ワロチのせいで何箇所か出血した。おそるべし大蛇)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://borealis.blog55.fc2.com/tb.php/14-8e7b0c64
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。