上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘッドホンのMDR-CD900STが片耳聞こえなくなったんですよー

新しいのを買ったんですよー

壊れたのがもったいないので直すついでにバランス化したんですよー



お金を使わない方法を選択。
空けるとこんな感じ。
DSC00083.jpg
一旦左に線を全て繋げた後、右に向けて線を増線しているわけですね。
なので右だけ信号の通る距離が長いと・・・

てことで、左から伸びている細い線2本を捨てて、
元のコードから直接赤い線を右耳へ通して
両方同じ長さにしてやりましょう。




さらに分解!!



これがLとかRとか書いてある部分で、ヘッドホンの長さを調節するところですな。
DSC00084.jpg
バネと小さなボールでカチカチと調節できると・・・フムフム。
これ先に知っとかないと無くしかねないね。




コードを必用な長さ分剥ぎました。
DSC00085.jpg
白の線は外す必用ないのですが、剥いでるうちに取れちゃいました。
線の根元は結んでおくべし!?


結線!!


右。
DSC00086_20120403202908.jpg

左。
DSC00087.jpg
白があまりまくってます。しかたなし。
赤はそのまますぐ外へでてます。
ギリギリの分しか剥いでないのでアースの長さがカツカツでございます。




組み立て完了。
DSC00088_20120403202905.jpg
実は一番時間かかったのが2本の線を通す組立作業・・・。
あの小さいボールをセットしながらネジを締めるのとか大変だった。

実は組み立て間違えて左右の部品が逆になっていたりする・・・。

ついでにパッドも交換しときました。ウレタンリングは買い忘れた・・・。
DSC00090_20120403202934.jpg




さて、新品と聞き比べた感想です。
一番の違いは低音。
音量が小さめのときは新品の方が割りと低音がでるかんじがするのだが、
おそらくこれはエイジングとかの問題が大きいような??
音量を上げていくと全然バランス化したほうが迫力があるというか、
音場ができている感じというか。
まぁ言葉では説明はできませんね。

HPA-900ってアンプを通して聞き比べた結果、
新品ではなくバランス化のほうを使うことになりました~。

何のために新品買ったんだ・・・



エイジングの差なしでやってみたいところですね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://borealis.blog55.fc2.com/tb.php/63-09eb1646
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。